ビジネスは『売る』から始まる

2019.01.16
池田美清

 

ビジネスをスタートして、
最初にすることは『売る』ことです。

どんな商品でも、どんな企画でも
売ってみて、そこから始まります。

逆に売れない商品やサービスは
早めに

  • コンセプトを切り替えたり
  • ターゲットを変えたり
  • 撤退する

などしたほうがよいです。

 

スロースタートは必然

 

売れていくペースは

『ムーブメントの作り方』の動画をご覧ください

 

 

 

この動画でもあるようにスタート段階は
スローペースは必然なのです。

創業当初は淡い期待をしているとおもぅのですが、
そう簡単に新しい商品・サービスは拡がっていきません。

 

最初は労力がたくさん掛かる割に利益は微々たるものです。

それでも、実績と信用を重ねながら、
お客様一人一人にしっかりと向き合い

商品やサービスにより喜んでもらい、
その喜びの状況や感情を周りの人に伝えていく

動画の中でやっている

『フォロワーの様子が周りに伝わる』

という事を意識してください!

 

何から始めれば良いか

 

自分の商品やサービスをしっかりと周りの人に
伝えて一人目のお客様を獲得しましょう!

ここで気をつけることは

『よく分からないけど、○○さんを信用しているからお願いするね』

みたいな形で商品やサービスがふわふわした状態で
お客様を集めても次に繋がりにくいのです。

なぜなら、サービスを受けた後も

『なんとなく良かった』

みたいな感想をいただいた商品やサービスは
動画でもみてもらったようなムーブメントは
起きないのです。

 

サービスを明確にする!

 

 

最初にすることはサービスを分かりやすく伝える

  • ホームページ
  • チラシ
  • プレゼン

などを使って自分のサービスを分かりやすく伝える

 

それをみて、

  • 『やってみたい』
  • 『そういうのを探してたんだよ』

などといってくれる人を集める事が大事です。

 

 

 

その状況を求めている人を集める

 

 

興味を持ってくれた人に向けて『断れないオファー』を考える

実績が少ないときにお客様になってもらうのは非常に大変なので、
自分の労力が増えても、利益が減少してでも
強めのオファーで商品やサービスを購入してもらう事を優先しましょう。

 

サービスをしっかりと提供する

 

あなたを信じて購入してくれたお客様に
しっかりと価値を提供して喜んでもらう

 

そのときに大事なのは商品やサービスを購入する前に
同じイメージを共有しておくことで
満足度が数倍アップします!

 

 

このようにサービスの説明の段階で
どんな事を提供してくれるのか?

自分では何をする必要があるのか?

どうやってお困り事が解決していくのか?

 

などといった事を最初に説明しておくことで
購入者もサービス提供者も

『同じ未来を描いている』

という事が大事です。

両者ともに『何をする』よりも『どんな未来を手にいれる』を
軸に考えてサービスを受ける、提供するという事が出来ます。

 

 

次は口コミ・集客の仕組み化

 

口コミの仕組み化

集客の仕組み化

などはお客様に価値を提供できて、
喜んでもらえてからになります。

まずは喜んでもらうために一生懸命サービスを提供しましょう!

 

僕をブレーンにして実践する場合は
リンク先で紹介しているような9ステップで実現させていきます!

 

 

© Copyright いけちゃんとわくわくビジネスしよう! All Rights Reserved. | 管理画面へ